転職お役立ち情報

CARRER ADVICE

転職お役立ち情報

転職にはどんなメリットがある?6つのメリットと成功するポイントをご紹介

現状の仕事に満足していて転職は検討していない、そういった方でも転職がおすすめというケースがあります。

転職と聞くとネガティブなイメージを抱く人もいるのですが、実はメリットが多く転職によって人生が好転したという人も少なくありません。

本記事では、転職のメリットやデメリット、成功させるポイントについてご紹介します。

転職者の数が増えている

近年、転職市場は急速に拡大しており、多くの労働者がキャリアチェンジの機会を探しています。

この流れは、多様化する働き方や価値観の変化、さらには経済状況の変動などが影響しているとされます。

実際に、総務省の調査によると2023年の7月〜9月期において、転職を希望する人の数が1,035万人と過去最多の人数となりました。

10期連続で転職希望者の数は増えており、今後も増えていくことが予想されます。

参考:直近の転職者及び転職等希望者の動向について|2023年12⽉18⽇ 総務省統計局労働⼒⼈⼝統計室

転職することのメリット

出戻り社員として働くメリット

転職することで以下のようなメリットが期待できます。

  • 年収アップが期待できる
  • キャリアアップにつながる
  • 人間関係をリセットできる
  • 福利厚生が整った環境で働ける可能性がある
  • 新たな価値観に触れることができる
  • 自分が本当にやりたいことに挑戦できる

年収アップが期待できる

転職を考える際に多くの人が重視する要素の一つが「年収アップ」です。

実際に転職市場では、スキルや経験が市場価値を反映し、前職よりも高い給与を提示されるケースが少なくありません。

特に専門性が高い業界や、人手不足が顕著な職種では、転職によって大幅な年収の向上を見込むことが可能です。

しかし、より高い給与を求める転職活動には、相応の準備と戦略が必要です。

自分の市場価値を正確に把握し、適切な求人を見極めることが重要であり、場合によっては専門的な職務経験やスキルが求められることもあります。

転職の際は、現在のスキルや経験を活かしつつ、さらなる成長を遂げることができる職場を選ぶことが、年収アップを実現する鍵となります。

キャリアアップにつながる

転職は多くの場合、キャリアアップの大きなチャンスとなります。

新しい職場では、これまでに磨いたスキルを活かしつつ、新たな技術や知識を学ぶことができるため、プロフェッショナルとしての価値を高めることが期待できます。

また、異なる企業文化や業務フローに触れることで、柔軟性や問題解決能力が向上する可能性もあります。

特に、キャリアの初期段階での転職は、自身の専門性を深める良い機会となることも。例えば、ある分野での基礎的な経験を積んだ後で、より専門性が高いポジションに移ることで、その分野での専門家としての地位を築くことができるでしょう。

さらに、管理職やリーダーへの昇進を望む場合、新しい環境での成功がそれを後押しすることが多いです。

人間関係をリセットできる

転職を考える際には、現職での人間関係に起因するストレスやフラストレーションが大きな動機となることが少なくありません。

特に、職場における対人関係が難しい場合、それが仕事のパフォーマンスやメンタルヘルスに悪影響を及ぼしている状況であることもあるでしょう。

転職はそうした困難な人間関係を一新し、新たな職場で良好な人間関係を築くチャンスを提供します。

新しい職場では、新しい同僚や上司との関係をゼロから築くことができるため、以前のような悪循環や偏見に捉われずに済みます。

また、異なる会社文化の中で、自らのコミュニケーションスタイルやチームワークの技術を再評価・改善する良い機会にもなり得ます。

福利厚生が整った環境で働ける可能性がある

転職を検討する際、多くの人が重視するのが、福利厚生が充実しているかどうかです。

より良い福利厚生を求めて転職することで、生活の質が向上したり、家族を持つ者にとってはその配慮が大きな安心材料になり得ます。

具体的には、育児サポートや健康支援プログラムが整っている会社を選ぶことで、個人のライフスタイルやライフステージに合わせて仕事と私生活のバランスを取りやすくなります。

また、福利厚生が整った環境で働くことで、社員のモチベーション維持にも寄与するため、仕事のパフォーマンス向上にもつながります。

企業側から見れば、優秀な人材を引きつけ、定着させるための重要な要素となっています。

新たな価値観に触れることができる

異なる業界や異なる企業に移ることで、そこに存在する独自の文化や哲学、働き方に触れることができます。

これは自身の視野を広げ、新しいアイデアやスキルを学ぶ絶好の機会となるでしょう。

例えば、ある会社ではチームワークを最重視する可能性がありますが、別の会社では個々の創造性やイノベーションを重んじるかもしれません。

このように異なる企業文化を経験することで、様々な方法論や働き方を選択する基準が広がります。

新たな価値観との出会いは、自己成長を促し、より幅広いキャリアの選択肢を提供してくれるでしょう。

自分が本当にやりたいことに挑戦できる

転職を検討する際、多くの人が「自分が本当にやりたいこと」に焦点を当てます。

現在の職場では経験できない新しい分野への挑戦や、自分の情熱を追求できる機会が転職にはあります。

転職は自分のキャリアを見つめ直し、何を本当に成し遂げたいのか、どのような分野で働きたいのかを自問自答する良い機会となるでしょう。

現在の職を離れることで、新たな分野での挑戦が可能になるだけでなく、自己実現のための道を開くことができるのです。

転職で気をつけたいデメリット

出戻り社員として働くデメリット

転職をする場合、以下のようなデメリットが生じる場合もあるため注意が必要です。

  • 給料が下がることもある
  • 1から人間関係を築く必要がある
  • 退職金に影響が出る
  • ローンの審査が通りにくくなる

給料が下がることもある

転職を考えたときに想定しておくべき重要な点の一つが、「給料が下がる可能性」です。

転職によって高い年収を得られるケースも多いですが、必ずしもすべての場合で年収アップが保証されるわけではありません。

特に、業界を変えたり、全く新しい職種に挑戦する場合、その分野での経験が少ないために、初期の給与が前職よりも低いことがあります。

また、企業によっては入社時の給与体系が前職とは異なり、ボーナスの形態や支給タイミングに違いがあるため、年間を通じた収入が減少する可能性も考慮する必要があります。

1から人間関係を築く必要がある

転職をする場合、新しい職場での人間関係を一から築く必要があります。

これは転職の大きな課題の一つであり、特に人間関係の構築が苦手な人にとっては大きなストレスとなることもあります。

新しい職場では、自分の業務能力を証明するだけでなく、同僚や上司との信頼関係を築くことが求められます。

人間関係を1から構築することが苦手な人は、転職に慎重になった方がいいかもしれません。

退職金に影響が出る

多くの企業では、在籍年数が長いほど退職金額が増加する傾向にあります。

したがって、勤続年数が短い段階で転職をしてしまうと退職金が減ってしまう可能性があるのです。

特に、長年勤めた会社からの転職を考える場合、転職先での初期の給与が低めに設定されていることがあり、その影響で将来受け取れる退職金も大幅に減少する可能性があります。

また、退職金制度自体が会社によって異なるため、転職先の企業には退職金が少ない、あるいは全くない場合も考えられます。

ローンの審査が通りにくくなる

転職直後は在籍期間が短いため、金融機関からの信用が低く見られがちです。

特に住宅ローンや自動車ローンなどの大きなローンを組む際には、審査で不利に働くことがあります。

多くの金融機関は、安定した職歴と収入をローンの審査基準として重視しています。

転職直後は、新しい職場での職務継続性や収入の安定性が証明しにくいため、審査が厳しくなることが想定されるでしょう。

また、転職によって収入が増減する場合、その変動も審査の際にネガティブな要素となる可能性があります。

このような状況を避けるためには、転職前にローンの審査を完了させておくか、あるいは転職後に一定期間が経過してから申し込むという方法が考えられます。

転職を成功させるポイント

転職を成功させるためには、以下のようにいくつか重要なポイントがあります。

  • 自分を1から見つめ直す
  • 長期的なキャリアプランを描く
  • プロに相談する

自分を1から見つめ直す

転職は単なる仕事の変更ではなく、自分を1から見直す良い機会でもあります。

自己分析を行うことで、自分自身の長所や短所、価値観、キャリアの目標といった核となる要素に目を向けることになり、今まで気づかなかった新たな要素が見つかるかもしれません。

自分自身に正直になり、何が自分のモチベーションとなり、何がストレスや不満を感じさせるのかを理解することで、より適した職場環境や職種を選ぶことができます。

このように、転職活動を通じて自分を見つめ直す機会は、自身のキャリアのみならず、個人的な成長にも寄与するでしょう。

長期的なキャリアプランを描く

転職を成功させるためには、長期的なキャリアプランの策定が非常に重要です。

キャリアプランは、自身の将来のビジョンを明確にし、その目標への道筋を確立するための計画です。

どの業界でどんなスキルを伸ばしたいのか、5年後、10年後にはどうなっていたいのかを具体的に描くことで、目標に向かって効率的に進むことが可能になります。

また、長期的なキャリアプランを描くことによって、転職活動自体がより戦略的になります。

自分の中で明確に目標が固まっていることで、求める業界や職種、会社の選択がしやすくなり、面接時に自己PRやキャリアプランを説明する際も説得力が増します。

プロに相談する

転職エージェントやキャリアコンサルタントは、転職市場の動向や様々な業界の情報を詳しく把握しており、個々の経験やスキルを考慮した最適なアドバイスを提供してくれます。

これにより、自身の価値を正確に把握し、より良い条件での職場環境を見つける手助けとなってくれるでしょう。

また、プロの存在は、職務経歴書や履歴書のブラッシュアップから面接対策まで幅広いサポートを提供してくれます。

自分一人では見落としがちな給与交渉や勤務条件の詳細なども、プロのサポートによってスムーズに進むことが期待できます。

自分1人では転職活動が不安という方は、プロの転職エージェントに頼ることをおすすめします。

転職を検討し始めたらアージスジャパンをご利用ください

アージスジャパンでは、あなた専任のキャリアカウンセラーが転職活動をサポートします。

業界に精通した専任担当が、常に「5年後、10年後どうなりたいか」という将来のキャリアプランを共に描き、「そのために今、何をすべきか」をご提案します。

少しでも転職活動に興味を持っている方は、ぜひ一度アージスジャパンの無料転職サポート利用をご検討いただけたらと思います。

転職お悩みフローチャート

質問に答えるだけであなたのお悩みに対して、最適な情報をお届けします。