menu

転職お役立ち情報

CARRER ADVICE

転職お役立ち情報

アートディレクター職関連:職務経歴書の書き方

アートディレクター職関連の職務経歴書の書き方を解説します。

職務経歴書の書き方見本

 

職 務 経 歴 書

(アートディレクター)

20xx年xx月xx日現在

企画氏名:◯◯ ◯◯

■職務要約

アートディレクターは平面や立体をメインとしたビジュアルデザインの責任者として、デザイナー・クリエイターを統括する仕事です。これまでのデザイナー・クリエイターとしての経験、アートディレクターとしてどれくらいの規模のチームをまとめているのかを記載しましょう。
実績などは職務経歴に具体的に記載するので、要約ではこれまでの経験内容を3~5行程度でまとめてください。

例)専門学校卒業後、株式会社○○○に入社。グラフィックデザイン、ブランドコミュニケーション等のプロジェクトを経験し、その後アートディレクターへ。クライアントとの打ち合わせ、戦略、企画立案、ブランディング、デザイン指示、撮影ディレクションまでを一通り経験しています。

■職務経歴
株式会社○○○○    [在籍期間: 20XX年X月~現在]
事業内容: 総合広告代理店
従業員数: xxx名  資本金: x,xxx万円  雇用形態: 正社員

■開発経歴

期間

プロジェクト詳細・業務内容

役割・チーム体制

20xx年xx月~20xx年xx月

 

【業務内容】
企業および製品ブランドイメージの立案、制作。コミュニケーション戦略立案、制作。

■ブランディング業務
・ブランディングの進行業務
・企業、CI・VI開発、web、商品開発、CS・ES、採用ブランディング
・企業理念体系の開発・整理
・一気通貫したブランディングおよびアートディレクション業務
・コミュニケーション設計、メディアプランのディレクション、KGI・KPI設定
 
■デザイン業務
・ディレクターとして企画立案、プレゼン、制作管理
・チームマネジメント業務(人員配置、スケジュール管理、予算管理 など)
・コミュニケーション設計・ソリューション開発
 
【制作物】
グラフィック広告全般/パッケージ/CI・VI/店頭POP/イベントブース/TV-CMなど

【担当業界】
食品、飲料、医療、化粧品、スポーツ、学校、電力、ガス、鉄道、ショッピングセンターなど

[役割(本人)]
アートディレクター

[チーム体制]
アシスタント2名
グラフィックデザイナー4名
ライター3名
※プラス外部クリエイティブも利用

20xx年xx月~20xx年xx月

 

【担当】グラフィックデザイン全般を担当

【主な業務・取り組み・成果】
・印刷物のグラフィックデザイン
・校正、校正の出し戻し(営業の代行で行うケース多)
・データチェック
・下版

[役割(本人)]
グラフィックデザイナー

[チーム体制]
アートディレクター1名
グラフィックデザイナー2名

アートディレクターの最大の役割は「ビジュアルデザインの指揮をとる」ことです。アートディレクターの多くはデザイナーを経験していますので、デザイナーとしての実績、アートディレクターになってからのディレクション経験やコミュニケーション設計の実績を軸にアピールすることがお勧めです。デザインセンスはポートフォリオで表現し、職務経歴書では担当業務や実績、強みを整理すると良いです。
案件の業界や規模感も忘れず明記しましょう。

■得意とする経験・分野・スキル

デザイナーとしてはどのようなジャンルを経験したか。またディレクターとしての強みはもちろんですが、ブランディングの経験があるかも重要です。ブランディングやコミュニケーション設計など上流の強みがアートディレクターとしてのアピールポイントになります。下記例には記載していませんが、WEBの知見もプラスアルファになります。

・ブランディング
・販促コミュニケーションの戦略策定
・アートディレクション
・グラフィックデザイン
・パッケージデザイン 
・エディトリアルデザイン

■使用スキル

※デザインツールはもちろんですがアートディレクターの場合はコンペのプレゼンを担当することも多いです。プレゼン資料を作成するにあたって使用出来るツールも重要になります。

・Adobe Photoshop/Illustrator/Indesign/Premiore/AfterEffects
・Microsoft Word/Excel/Powerpointなど

■自己PR

※アートディレクターにとって大切なことはマネジメントスキルです。マネジメントに対する考え方を入れることも良いでしょう。コミュニケーション戦略やブランディングなど上流の経験やプレゼンなど、デザイン経験を活かした上でのどのようなディレクター業務に従事しているかを記載しましょう。

例)デザイナー・アートディレクターを経験し、紙媒体やブランディングに関わる広告デザインに携わっており、現在は0からのコミュニケーション立案やプレゼン・社内社外ディレクションに携わっています。ディレクション業務を行うことで内容・イメージを読み取る力と伝える力を中心としたコミュニケーション・プレゼン力が身につき、チーム全体・案件を俯瞰して、数字の意識と制作・運用フェーズの問題点を考慮した課題解決力が定着したことが強みです。最新のトレンドをインプットすることは欠かさず、より幅広く規模の大きいトータルデザイン・制作に関わることが次の目標であり、常に準備しています。

以上

 

まとめ

アートディレクターにとって重要なキーワードは「コミュニケーション設計」「マネジメント」です。
あくまでデザインはグラフィックデザイナーの仕事ですので、アートディレクターしてどのようなコミュニケーションを設計してきたか、またどれくらいの規模感のチームを動かしてきたかをイメージ出来る職務経歴書を作成してください。
デザインの自信がある場合は、ポートフォリオも合わせて作成しましょう。ビジュアルデザインの統括をする仕事ですので、デザインセンスも非常に重要です。

職務経歴書のサンプル(Word)ダウンロード

職務経歴書のサンプルをダウンロードする