menu

転職成功事例

SUCCESS STORIES

管理系

覚悟の転職

N氏

男性/40代前半

転職前

転職後

業種:外資系金融関連

職種:ファシリティマネージャー

年収:900万円

業種:日系製造業

職種:オフィスサービスアシスタントマネージャー

年収:900万円

当初の希望

ファシリティマネジメントの経験を生かしてチャレンジできる環境

ご提案・経緯

N氏は、長らく外資金融関連会社でファシリティマネジメントの経験をお持ちでしたが、その会社ではコストセービングが厳しく、新しいことはできにくい環境でした。また最近は総務業務のアウトソース化により、ベンダー管理の業務がメインとなっており、業務が単純化され新しい経験や知識を習得できる機会が少なくなってきたため、将来のキャリアを考えてご登録になりました。
弊社からご提案した内容は以下の3つ

①日系完成車メーカーでのファシリティマネジメント
②外資系不動産サービス業でのファシリティマネジメント
③外資系化学メーカーの研究所施設管理マネージャー

その中で事業会社が希望だった為、①と③に応募されました。

結果

両社ともに無事内定を取られました。外資系企業は馴染みがありましたが、研究所という専門的な法律の元運用しなければならない点から専門性はつくものの、職務範囲が狭くなること。日系完成車メーカーの方がご経験をダイレクトに生かせることから選択されました。
しかし問題は、外資系と日系企業の年収に関する考え方や昇給のしくみなどが大きく違ったことでした。N氏と私は、業務内容についてはもちろんですが、”お金”に関する話もオープンに話し合い、N氏からのご要望、ご質問も企業サイドに伝えるなど、細かいコミュニケーションでサポートを取るように心がけました。結果的に、1年目はすぐに年収アップに繋がらなくても、3年目、5年目のスキルアップを目標に、覚悟を決めてのご入社になりました。
N氏の覚悟が、将来のキャリアに結びつくよう心から応援しております。