MENU
×

無料転職サポート登録

サービス紹介

求人情報検索

お得意先企業一覧

転職成功事例

コンサルタント紹介

求人企業様へ

よくある質問

会社情報

AEGIS JAPAN

製薬・医療機器業界の転職、求人は人材紹介エージェント

1min 無料転職サポート登録

AEGIS JAPAN

メディカルの注目の求人情報 更新:2018/07/20

求人情報を見る

業界コラム

あまり祝福されない結婚の結末は…

メディカル | 2018年6月19日

武田薬品工業は5月8日、アイルランドの製薬大手「シャイアー」を約6兆8000億円で完全子会社化すると発表しました。製薬業界では1999年にファイザーがワーナー・ランバートを約8兆9000億円で買収したのに次ぐ大型M&A。またソフトバンクが2016年に英国のアーム・ホールディングスを買収した際の3兆3000億円を大きく上回り、日本企業としては過去最大の規模。そして武田薬品とシャイアーの売上高を合算すると3兆円超となり、世界の製薬会社のトップ10入りを果たす、と話題になっています。しかしこのM&A、市場の見方はかなり冷ややかなようです。今年3月下旬まで5500円を超えていた武田薬品の株価は、買収検討を発表した3月29日に1日で7%下落。その後も下降の一途をたどり、6月初旬には4300円を割り込む始末。結局、3月28日時点から20%以上も下げているのです。これには株主も黙っていません。同社OBを中心とする買収反対派「武田薬品の将来を考える会」は、6月末の臨時株主総会で否決を狙っているとか。時価総額3兆5800億円の企業が6兆8000億円という額を発表したことから「小が大を呑む」と揶揄され、祝福ムードより不安や警戒が先走っている買収劇。幸せな結婚生活が訪れることを、お祈りいたします。

メディカルの外資系・日系グローバル企業の求人を探す ≫

業界コラムバックナンバー

アージスのコンサルティング

大阪動画インタビュー 東京動画インタビュー

無料サポートにお申し込み

英文レジュメの書き方はこちら

1分間で登録!レジュメをお持ちの方レジュメをお持ちでない方