MENU
×

無料転職サポート登録

サービス紹介

求人情報検索

お得意先企業一覧

転職成功事例

コンサルタント紹介

求人企業様へ

よくある質問

会社情報

AEGIS JAPAN

自動車、機械、電気業界の転職、求人は人材紹介エージェント

1min 無料転職サポート登録

AEGIS JAPAN

自動車/機会/電気の注目の求人情報 更新:2017/10/12

求人情報を見る

業界コラム

ガソリン車の次代争い、燃料電池車の追い上げなるか。

自動車/機械/電気 | 2017年8月30日

インドは2030年までに国内で販売する自動車をすべてEV(電気自動車)にするという政策を発表。フランスや英国も2040年をめどにガソリン車・ディーゼル車の販売を禁止し、EVに移行すると報じられています。そんな中、米国では世界最大級のEV専門メーカー、テスラ車が中型セダンの生産を開始し、EV累計販売数トップの日産も「リーフ」の第二世代を発表。ガソリン車の次の主権争いはEVが大きくリードしています。しかしEVにも弱点はあります。充電時間がかかる割に走行距離が短い。何より発電時に二酸化炭素が出る。その点、水素エネルギーの燃料電池車は3分の水素充填で600km超を走行。水素の製造過程で二酸化炭素が出るという問題も、トヨタと東芝が研究を進めていて、これが成功すれば完全な「炭素フリー」を実現できます。しかししかし、トヨタの燃料電池車「MIRAI」は723万円と超高額。水素ステーションも設置費が高く、普及が進みません。しかししかししかし、ここへきて燃料電池車には東京五輪という追い風も。小池都知事が2020年に燃料電池車の定期バスを一気に導入し、選手村にも水素ステーションを作ると発表したのです。現在、EVの世界普及率はわずか1%。燃料電池車の巻き返し、あるかもしれませんね。

自動車・機械・電気関連の外資系・日系グローバル企業の求人を探す ≫

業界コラムバックナンバー

アージスのコンサルティング

大阪動画インタビュー 東京動画インタビュー

無料サポートにお申し込み

英文レジュメの書き方はこちら

1分間で登録!レジュメをお持ちの方レジュメをお持ちでない方