MENU
×

無料転職サポート登録

サービス紹介

求人情報検索

お得意先企業一覧

転職成功事例

コンサルタント紹介

求人企業様へ

よくある質問

会社情報

AEGIS JAPAN:アージスジャパン(外資系、語学力を生かす転職支援・人材紹介)

消費財/ラグジュアリー | 業界別おすすめ求人 | 外資系企業の転職・日系グローバル企業への転職ならアージスジャパン

外資系企業や英語を活かした転職・グローバル求人情報多数。外資系・グローバル転職に特化してきたエージェントとしての、高いコンサルティング力をお約束します。

1min 無料転職サポート登録

AEGIS JAPAN:アージスジャパン(外資系、語学力を生かす転職支援・人材紹介)

業界別おすすめ求人/転職成功事例

業界コラム

6月26日現在、西野JAPANはランキング4位!?

消費財/ラグジュアリー | 2018年6月26日

グループH、FIFAランキング61位の日本は初戦で同16位のコロンビアを撃破。2戦目も格上27位のセネガルと引き分け、勝ち点4で決勝進出に王手をかけました。ベテランが多く「おっさんJAPAN」なんて呼ばれたりもしていますが、長谷部、本田、香川、長友、みんな元気です。グループAでは出場国中、FIFAランキングが最低の70位・ロシアが連勝で決勝へ。Fでは逆に1位のドイツがメキシコに敗れるなど大苦戦。FIFAランキングも当てになりませんね。そんな中、別のランキングではなんと、日本が堂々4位に選出されています。それが英国紙によるユニフォームの人気格付け。出場32ヶ国のホーム&アウェー全64着の中で、日本のホーム用が4位に挙げられているのです。1999年から日本代表のユニフォームを手がけるアディダス社によると、藍をベースにした「リアル・ジャパンブルー」のテーマは「勝ち色」とのこと。それが海外でも「心と記憶に刻まれるに値するもの」と評価されているようです。ちなみにユニフォーム人気の3位はブラジル・アウェー用、2位はドイツ・ホーム用、そして1位はコロンビア・ホーム用。さて残すはポーランド戦。FIFAランキングは8位ですが、ユニフォーム人気ではホーム用がようやく24位。楽勝ですね。

消費財・ファッション・ラグジュアリ関連の外資系・日系グローバル企業の求人を探す ≫ 続きを読む »

業界別おすすめ求人

転職成功事例

Y氏(女性/20代後半)

販売職の経験を活かして販促・VMDへの転職

転 職 前

転 職 後

大手スポーツ小売店 外資系服飾雑貨メーカー
販売スタッフ ストアスペシャリスト
320万円 400万円
大学でファッションマーケティングを学び、将来的にはマーケティングでのキャリアを志望しつつ、まずは小売りの現場を体験するために販売職として働いていらっしゃいました。
某外資系服飾雑貨メーカーでの取引先の店頭における販売支援、VMD、プロモーションを担当するポジションをご紹介。現職でもメーカーの方と協働しつつ自店でプロモーションを実施したり、VMDを手がけていた経験、またポテンシャルやお人柄を高く評価され採用に至りました。経験や英語力を活かすことができるとともに、将来的なキャリアを描くために適した職種での転職となりました。

すべて表示する

閉じる

S氏(男性/40代前半)

制作プロダクションからインハウスへの転職

転 職 前

転 職 後

広告制作プロダクション 小売販売事業
クリエイティブディレクター クリエイティブディレクター
750万円 750万円
制作プロダクションにてデザイナーからスタートし、その後アートディレクター、クリエイティブディレクターと経験。クライアントとの直取引で企画からプレゼン、制作までの一貫した業務に従事されてきました。当初は必ずしも転職したいというお気持ちではなかったものの、これまでの経験を活かして出来ることなら事業会社でチャレンジしたいと考えておられました。
強みとなる紙媒体を中心としたグラフィック経験とディレクター経験を活かせられる、インハウスでのクリエイティブディレクター案件をご提案。面接では制作実績はもちろん、ディレクターとしての能力やロジカルな思考を評価していただき、内定となりました。年齢を考えてもインハウスへのチャレンジはラストチャンスと考え、非常に満足されて転職の決意と至りました。

すべて表示する

閉じる

K氏(男性/30代前半)

ご経験に優る人物での採用

転 職 前

転 職 後

日系日用品メーカー 日系食品メーカー
営業 営業
500万円 470万円
メインキャリアは食品業界での営業経験の方ではありましたが、直近は別業界のご経験であったこと、またその会社を離れて1年強はアルバイトをされつつ、ご自身のライフワークでもあるスポーツにチャレンジされていた時期でもあり、企業様からみるとブランクにとられる可能性も高く、当初は難しいマッチングかとも思われました。面接を重ねるうちにお人柄、スポーツを通じて培ったマインドなどにおいて企業様の求める人物像に近く、結果是非ご入社いただきたいとご内定をいただくことができました。ご年収面についても極力以前の正社員勤務時代に近づけるべく、企業様側が努力をしてくださり、ほぼ同等からのスタートとなることができました。
通常、その方のスキル・経験にフォーカスしがちではありますが、仕事上のスキルだけではない人生における考え方、生き方での魅力において採用の決め手となった例ともいえるかと思います。

すべて表示する

閉じる

H氏(女性/30代後半)

ブランクを乗り越えて

転 職 前

転 職 後

外資ラグジュアリーブランド 外資ラグジュアリーブランド
マーケティング マーケティング
600万円 630万円
外資系ラグジュアリーブランドでマーケティング職で数年経験を積まれた後、ご家庭の事情で退職を決意。結果、計3年弱のブランクの後に状況が落ち着かれたのを機に再就職をご希望され面談を実施させていただきました。既にそのタイミグでは、数社にて面接を受けられており、希望通りの結果を得られていない状況が続いていらっしゃいました。色々とお話をヒアリングさせていただいたところ、3年間のブランクから、あまりこだわってはいけないと思い、且つ周りからも言われ、それまでの専門性をど真ん中で活かせない領域まで広げて受けていらっしゃるとのことでした。
ちょうどそのタイミングで前職のご経験をフルに活かしていただけるポジションの募集があったので、今一度、経験、実績、コアスキル、熱意、今後の方向性等の棚卸をしっかりと行ったうえで、そのポジションに臨んでいただいたところ、その方のプロフェッショナルさや熱意がしっかりと企業側に伝わり、もともと希望されていた職種、且つ前職の待遇以上で再就職を成功されました。

すべて表示する

閉じる

H氏(女性/30代後半)

指名スカウトでの転職

転 職 前

転 職 後

ラグジュアリーブランド 外資ラグジュアリー
PR PRマネージャー
680万円 800万円
ある日、外資のラグジュアリーブランド人事の方からある企業のPRの方をヘッドハントして欲しいと依頼がありました。その人事の方とは長い間懇意にさせていたいただいており、お互い信頼関係も構築できておりましたので二つ返事でお受けしました。さっそく依頼のあったH氏とコンタクトを取り、お会いすることになりました。直近の勤務先以外の情報はまったくわからない、まさにブラインドデートのような形でしたが、H氏はたいへん気さくで明るくお話しやすいお人柄ですぐに打ち解けました。お話をお伺いすると、H氏はもともとはファッション業界とはまったく縁のない業界での広報やPRを経験されており、現在の職場でも特に問題もなく転職についても近々ではまったく考えてなかったようでした。
私からは、依頼先のラグジュアリブランドのお話を「情熱的に」お話し、まずは企業と一度お会いいただくことを目標に、何度かお会いし様々なお話をさせていただきました。企業サイドとH氏のインタビューは、H氏のお人柄のよさもあり2回の面接を経て企業からは是非ともきていただきたいとの正式オファーをいただきました。H氏自身は、もともと転職意欲が高いわけではなかったものの、企業からの強いお誘いに答えるかたちで、双方がハッピーになれる方向に決着することができました。

すべて表示する

閉じる

N氏(女性/30代後半)

経験を活かして

転 職 前

転 職 後

外資系ファッションアパレル 外資系高級消費財
ショップマネージャー ショップマネージャー
630万円 680万円
外資系アパレルメーカーで約10年販売経験を積み、店長を数年経験した後に、3店舗のリテールマネージャーも兼務して充実した日々を送っていたNさんでしたが、これから先、10年後を見据えた時に、より高級商材を取り扱いたいと考えるようになりました。
雑貨の販売も得意でしたが、RTWの販売力を活かせるラグジュアリブランド群にターゲットを絞ってチャレンジ。顧客重視の思考とプレイングマネージャとしてのキャリアを評価され、年収アップも叶って転職することになりました。新しいステージで一層の活躍が期待されます。

すべて表示する

閉じる

S氏(女性/30代前半)

視点を変えて見えた本当にやりたいこと

転 職 前

転 職 後

外資ファッションブランド 日系デザイナーズファッションブランド
営業 営業アシスタントマネジャー
550万円 680万円
幼いころからファッションが好きで、日本で大学を卒業後、海外でファッションを専攻。憧れの外資ブランドの海外本社に自身で経歴書を持ち込みポジションをモノにするほどのエネルギッシュさとファッションに対する強い情熱を持たれているS氏。初めて面談でお会いさせていただいた時の印象は、とても衝撃的であったと同時に、外資ブランドの国内営業職では、持ち前のエネルギッシュさとファッションに対しての情熱を持てあましてしまうことは容易に想像がつきました。
その面談から約1年半後、ついに、『これだ』と思えるポジションが発生したのです。それは当初から拘っていた外資企業ではなく、アジアを中心に世界的にホットな国内デザイナーズブランドでの海外をまたにかけた営業職でした。当然S氏もそのブランドには格別な想いがあり、ハードル設定の高い選考もスムーズに突破。念願のオファーをモノにされました。しかし、これまで外資企業で経験されてきたことから、突然の日系企業ということに戸惑われていたのも正直なところです。ですが、入社されて数か月後、S氏から、『難しい部分も多々ありますが、ただ単純なものでブランドが好きな気持ちだけで毎日楽しく頑張っております』と元気いっぱいの連絡をいただきました。

すべて表示する

閉じる

K氏(男性/40代前半)

立ち上げだからこそ活かせる経験

転 職 前

転 職 後

日系大手化粧品ブランド 海外化粧品ブランド
営業、販売促進 営業シニアマネージャー
700万円 800万円
某海外化粧品ブランドの立ち上げに伴い、社長より営業マネージャーを採用したいとのご相談をいただきました。まだスタートアップの段階であることから、営業とはいえ通常の営業職よりも職務範囲が広いことが予想されるポジションでした。
K氏はアパレル、化粧品業界で営業をメイン人事や販売促進に携わったこともある幅広い経験を持つ方で、今回のようなポジションに求められる経験を網羅されていると感じご紹介させていただきました。
営業として店舗運営や売上に責任を持つだけでなく、プロモーションの提案、販売スタッフ採用、評価基準策定などまで幅広くカバーできる部分が高く評価されオファーとなりました。一方のT氏も、すでに出来上がっているブランドで過去のやり方を踏襲していくよりも、ご自分の経験をフルに活かしてつくりあげていくことにやりがいを感じてくださり入社に至りました。自身のなかで、この方はこの企業・ポジションとマッチするのではないかと瞬時にインスピレーションを感じ、また選考もトントン拍子に進んだため、とても印象に残る事例のひとつです。

すべて表示する

閉じる

A氏(男性/40代後半)

FaceTimeと信頼関係

転 職 前

転 職 後

日系ゲーム機器製造販売 日系外食産業
グローバルファイナンス責任者 北米事業CFO
1300万円 1500万円
日系外食産業大手の人事役員から米国事業のファイナンスを紹介してもらいたいとご相談がありました。当初は事業責任者ということで、営業面からマーケ、ファイナンス、オペレーション全てを見る方を、というリクエストだったものが、途中からファイナンスに特化して見て頂ける方を、、とスペック変更。
その中で急浮上してきたのがA氏でした。A氏はフィリピンに赴任中で、プライベートな理由もあり日本もしくは他の海外でのポジションを求め転職活動中でしたので、気軽に簡単に「顔を見て」コミュニケーションが取れるFaceTimeを利用してできるだけ連絡を取り合いました。我々の仕事は、人間対人間、お互いが信頼しあって、初めて成立する仕事のため、直接お会いできない遠方や海外在住の方とのコミュニケーションでも「顔を見て」お話することは大切と考えています。
米国駐在、しかも社長直下でファイナンスの責任者という大きなポジションでしたので、選考は時間をかけて進みました。その間何度となくA氏とはFaceTimeで連絡を取り合い、お互い「腹を割って」不安や疑問があれば何でも話せる信頼関係が築けました。企業からも高い評価をいただき、オファーから決定に至る条件交渉も含め、スムーズに進めることができました。

すべて表示する

閉じる

M氏(女性/40代前半)

大切なことは、諦めない想い

転 職 前

転 職 後

外資系アパレル 外資系アパレル
ストアマネジャー ストアマネジャー
500万円 600万円
ポジションは、外資キッズアパレルブランドがローンチする日本国内初店舗でストアマネジャー。企業側は、今後の日本国内でのビジネス拡大に大きく影響する第一号店のストアマネジャーということで、とても慎重に候補者を探されていました。このポジションに紹介させていただいたM氏は、大学でも小児心理学を専攻、大学在学中のアルバイトも含めると20年以上キッズアパレルに携わってこられた実績のある方でした。
経験に基づく自信と実績、そして何といっても信頼のおけるお人柄で、高くハードル設定されていた選考プロセスも難なく突破され、内々定を取られました。しかし、そこから想定外の難儀の連続でした。立上げ企業ということもあり、内定書発行までに時間がかかり、正式なレター発行がストアーオープンの約1か月前。そこから、転居が必要だったため、早急にお引越しのご準備を始められましたが時期的には3月の超繁忙期、引越し業者を見つけること自体が難しく、見つかった業者も通常の数倍の料金、その上、物件探しなど。コントロール不可能な外的要因の多さに、最初にお手上げ状態になってしまったのはコンサルタントとしてお手伝いさせていただいていた私でした。しかし、M氏は、この状況下で何度も心が折れかけながらも、新しい仕事と『子供』への強い想いを常に持ち続け、回答期日当日の深夜までありとあらゆる手を尽くされ、全ての問題を解決、念願のスタートアップメンバーとしてご入社を果たされました。

すべて表示する

閉じる

無料サポートにお申し込み

英文レジュメの書き方はこちら

1分間で登録!レジュメをお持ちの方レジュメをお持ちでない方