MENU
×

無料転職サポート登録

サービス紹介

求人情報検索

お得意先企業一覧

転職成功事例

コンサルタント紹介

求人企業様へ

よくある質問

会社情報

AEGIS JAPAN:アージスジャパン(外資系、語学力を生かす転職支援・人材紹介)

転職成功事例(東京) | 外資系企業の転職・日系グローバル企業への転職ならアージスジャパン

外資系企業や英語を活かした転職・グローバル求人情報多数。外資系・グローバル転職に特化してきたエージェントとしての、高いコンサルティング力をお約束します。

1min 無料転職サポート登録

AEGIS JAPAN:アージスジャパン(外資系、語学力を生かす転職支援・人材紹介)

転職成功事例

K氏(男性/40代後半)

海外でのポジションを求めて

転 職 前

転 職 後

日系製造業 日系Tier1メーカー
ファイナンス ファイナンスコントローラー
900万円 1000万円
K氏は新卒から一貫して経理畑で、しかも製造業界にこだわって着実にキャリアを積み重ねてきた方です。英語の能力も高くTOEICも900オーバーで、最近では海外駐在のポジションを求めて転職活動を行っていました。
今回お勧めしたポジションは、日系Tier1メーカーで海外に複数の拠点(生産工場)を持つグローバルカンパニー。当初は1拠点での駐在ポジションとして話が進みましたが、最終的に米国、南米、アジア、中国などまさにグローバルに活躍できるファイナンスエキスパートとしてオファーをいただき受諾。お互いの希望がマッチすることとなり、ご本人も企業サイドも喜んでくださいました。ご入社後はまずは国内工場等で研修となる予定ですが、早くご希望通り、海外にてご活躍できる日が来るよう、心から応援しています。

Y氏(女性/20代後半)

販売職の経験を活かして販促・VMDへの転職

転 職 前

転 職 後

大手スポーツ小売店 外資系服飾雑貨メーカー
販売スタッフ ストアスペシャリスト
320万円 400万円
大学でファッションマーケティングを学び、将来的にはマーケティングでのキャリアを志望しつつ、まずは小売りの現場を体験するために販売職として働いていらっしゃいました。
某外資系服飾雑貨メーカーでの取引先の店頭における販売支援、VMD、プロモーションを担当するポジションをご紹介。現職でもメーカーの方と協働しつつ自店でプロモーションを実施したり、VMDを手がけていた経験、またポテンシャルやお人柄を高く評価され採用に至りました。経験や英語力を活かすことができるとともに、将来的なキャリアを描くために適した職種での転職となりました。

Y氏(女性/40代前半)

ワークライフバランスを重視

転 職 前

転 職 後

日系機械メーカー 外資系装置メーカー
経理 経理
650万円 650万円
大学時代は留学もされ、英語堪能。USCPAも取得されており、資格を生かし経理として長らく外資系企業で活躍されていました。ですが、業績が悪化する度にリストラクチャリングが行われる事に不安に感じ、将来の安定性を考慮して日系企業に転職されたところでした。しかしながら、日系企業では合理的でない事も多く、ワークライフバランスが崩れていたようです。
中学生と高校生のお子さんがいる為、残業は出来るだけしたくないスタンス。やはり外資系に戻りたいとご登録になられました。ご入社後は、ワークライフバランスも改善され業績悪化した時にきっちりとリストラクチャリングする事は企業として健全だと、改めて感じたそうです。

H氏(女性/40代前半)

理想的な転職

転 職 前

転 職 後

外資系メーカー 日系グローバル電子機器メーカー
営業事務 インターナルセールス
500万円 600万円
H氏は明確なキャリアビジョンをお持ちで、ご自身の希望にマッチした案件にのみエントリーするというご意向でした。面談をさせていただき、たいへん真面目で丁寧にお仕事をされ、柔軟性もある方でしたので面接は強そうだという印象を受けたことを覚えています。
企業側は当初のイメージですともう少しジュニアの方の採用をお考えでしたが、なかなか採用に苦戦をしていたポジションでもあったことから、ぜひH氏とお会いいただきたいとご紹介し面接の機会をいただきました。その結果、高い評価をいただき、その後はスムーズにオファーをいただけた、たいへん理想的なご転職となりました。
弊社は両面型のエージェントですので、候補者様と企業様双方に対してダイレクトに情報をお伝え出来る所が強みのひとつです。

S氏(男性/40代前半)

制作プロダクションからインハウスへの転職

転 職 前

転 職 後

広告制作プロダクション 小売販売事業
クリエイティブディレクター クリエイティブディレクター
750万円 750万円
制作プロダクションにてデザイナーからスタートし、その後アートディレクター、クリエイティブディレクターと経験。クライアントとの直取引で企画からプレゼン、制作までの一貫した業務に従事されてきました。当初は必ずしも転職したいというお気持ちではなかったものの、これまでの経験を活かして出来ることなら事業会社でチャレンジしたいと考えておられました。
強みとなる紙媒体を中心としたグラフィック経験とディレクター経験を活かせられる、インハウスでのクリエイティブディレクター案件をご提案。面接では制作実績はもちろん、ディレクターとしての能力やロジカルな思考を評価していただき、内定となりました。年齢を考えてもインハウスへのチャレンジはラストチャンスと考え、非常に満足されて転職の決意と至りました。