MENU
×

無料転職サポート登録

サービス紹介

求人情報検索

お得意先企業一覧

転職成功事例

コンサルタント紹介

求人企業様へ

よくある質問

会社情報

AEGIS JAPAN:アージスジャパン(外資系、語学力を生かす転職支援・人材紹介)

消費財/ラグジュアリー | 転職成功事例(東京) | 外資系企業の転職・日系グローバル企業への転職ならアージスジャパン

外資系企業や英語を活かした転職・グローバル求人情報多数。外資系・グローバル転職に特化してきたエージェントとしての、高いコンサルティング力をお約束します。

1min 無料転職サポート登録

AEGIS JAPAN:アージスジャパン(外資系、語学力を生かす転職支援・人材紹介)

転職成功事例

H氏(男性/40代前半)

キャリアシフトを伴う転職

転 職 前

転 職 後

外資食品 外資食品
営業 トレードマーケティング
900万円 950万円
直近では、外資系食品会社で売上高だけを追求する典型的な営業ではなく、提案型でありお客様のビジネスの拡大や改善を考慮した提案を具体的なPOPを作り実践されていました。これらの実績、経験を最大限に評価され、今回の転職を機会に希望されていたトレードマーケティング職種へのキャリアシフトで大成功を収められました。
選考プロセスでは、お人柄、ご経験、実績と総体的に高い評価を得られていたのですが、その中でも特に面接担当者のハートを射抜き、他候補者に大きく差をつけたのは、受けている企業のメインブランド商品を使って提案できるであろうスイーツレシピを持参、試食会を開いたことです。その結果、これまでの営業スタイル、実績を認められたことは勿論ですが、それ以上に、その企業、ブランド商品に対する熱意や思い入れが評価され、満場一致で採用を手にされました。当初は、『年齢的にキャリアシフトは、難しいのでは』という固定概念があったのですが、それを実績・経験+持ち前のクリエイティブさで実現されました。

T氏(男性/30代後半)

好きなブランドへの挑戦

転 職 前

転 職 後

外資ファッション 外資ラグジュアリーブランド
マーチャンダイジング リテールオペレーションマネージャー
700万円 750万円
日系大手アパレルに入社し営業等を経験されていましたが、その後会社が外資系に変わり、MD業務を中心に経験を積んできたT氏。リテールオペレーションや分析系の業務経験もあり、会社のコア業務が海外に移行することをきっかけに退職されました。
ラグジュアリブランドのリテールオペレーションMgrのポジションをご提案しました。T氏のご経験が、MD業務の中でも数字分析やプランニングを専門としていたこともあり、今回のスペックとかなり重なる部分が多かったためです。さらに、個人的に好きなブランドだったということもあり、さっそく企業にご推薦しました。T氏がもともと興味のあるブランドでしたので、ご本人がかなり積極的に事前のリサーチ(店舗訪問やブランドヒストリーの理解)を行い、コンサルタントからも、知りうる限りの情報提供をした上で、面接に臨んでいただきました。その結果、双方前向きな形で結果を残すことができました。正直なところ英語力の点で少し不安な点もあったのですが、ご自身の情熱とパワーで実現できた転職だったと思います。

N氏(男性/40代前半)

スキル・経験に加え、思いを伴った転職

転 職 前

転 職 後

日系スポーツアパレル 外資系キッチン用品ブランド
エリアマネージャー エリアマネージャー
580万円 640万円
直営店舗の売上・人員管理ができる東日本のエリアマネージャーとして転職されました。N氏は、もともと卸が中心の企業で、直営店事業に従事していたため、なかなか思うような仕事ができない悩みを抱えていらっしゃいました。ただ、面談で詳しくお話をお伺いすると、限られたフィールドの中でも切磋琢磨しながら大きな実績を作っていました。実績を支えたN氏のモチベーションの所在が気にかかり更にお伺いしたところ、ご本人が仕事をする上で大切にしていらっしゃる思いが、転職先の企業の求めるものにピタリとハマっており、驚いたのをよく覚えています。この方しかいないと思い、こちらの企業をご紹介しました。
企業側としては、直営店舗の成長が著しく組織強化のための増員だったこと、今後の売上を大きく左右することからも、求める人材のハードルが高い求人でした。N氏の実績・経験はもちろん、上記の理念や核になる思いの部分が共感したこともあり、約2週間で内定に至り、年収アップも伴う転職となりました。
企業の今後の成長、N氏のご活躍を耳にできる近い将来が楽しみな事例でした。

T氏(女性/30代後半)

求人がない企業への提案

転 職 前

転 職 後

日系海外現地法人 外資系消費財メーカー
海外営業 サプライチェーン
350万円 460万円
タイで語学を学び、現地で長く就労してこられ、タイの商習慣にも長けた方です。日本に帰国後あまりタイとは関係のない職務に就かれており、そこでの業績悪化に不安を感じてのご登録でした。
元々、転職に際しての希望は海外関連の職務ということのみで特にタイにこだわりはありませんでした。ですが、面談時にご経歴をお伺いすると、やはりタイにこだわった転職をするほうが転職後も活躍しやすいこと、加えてご本人の市場価値を高くして転職できると感じました。
そこで、求人がオープンにはなっていないけれどタイに関わりのある企業へアプローチを掛けました。求人がない中での提案でしたので、選考に時間はかかりましたが、無事ご入社となりました。

M氏(男性/50代後半)

60歳からの転職

転 職 前

転 職 後

外資系大手消費財メーカー 外資系消費財メーカー
物流センター長 サプライチェーンマネージャー
1400万円 900万円
前職の外資系大手消費財メーカーで物流センターの立て直しに成功、その達成感と年齢が既に50代後半だったこともあって結果退職を選んだM氏。その後知人に誘われるまま起業するものの、起業してみると自分が経営者には向いていないと感じ、現場復帰を希望。再度転職活動を始めました。
しかしながら、50代に入るとより状況が厳しくなる転職活動においてこのときM氏は既に60代、就活は容易ではありません。そんな中、経験優先で年齢に関してはさほど厳しくなかった外資系消費財メーカーでのサプライチェーンマネージャー職をご紹介。M氏も興味を示し先方にご推薦しましたが、最初はNGでした。ただ理由を確認してみると単純にご年齢だけで、ご経験のところをほとんど見ていただいていないことがわかりました。そのためM氏が先方の人物像には絶対に合っている自信があったコンサルタントはとにかく会うだけ会ってみてほしいとクライアント側を説得、採用部署の担当者に再度掛け合ってもらいました。その後「それほど言うなら...」と面接にこぎつけ、最終的には採用内定をいただくに至りました。
まずはそもそもM氏が先方の希望するご経歴の持ち主だったことが大きいですが、クライアント側に最初は断られても、その理由如何では説得する価値があり、またそれが成功につながることもあるということを証明してくれた貴重な事例です。