MENU
×

無料転職サポート登録

サービス紹介

求人情報検索

お得意先企業一覧

転職成功事例

コンサルタント紹介

求人企業様へ

よくある質問

会社情報

AEGIS JAPAN

消費財・ファッション・ラグジュアリの転職、求人は人材紹介エージェント

1min 無料転職サポート登録

AEGIS JAPAN

消費材/ラクジュアリーの注目の求人情報 更新:2017/02/16

求人情報を見る

業界コラム

リアルVSヴァーチャルの戦いの中、ルイ・ヴィトンは…

消費財/ラグジュアリー | 2016年12月26日

いまやネットで買えないモノはないといわれる時代。実際に音楽などは、CDを買うより配信を利用する人が増えているようです。そして、こうした「ヴァーチャル(ネット販売)」と「リアル(実店舗)」の戦いが、高級ブランド市場にも飛び火しています。「カルバン・クライン」や「ケイト・スペード」などが、ヴァーチャルの代表格「アマゾン」に相次いで出店する中、「ルイ・ヴィトン」を展開するLVHMがこの流れに反発。ジャン・ジャック・ギオニー最高財務責任者が、「アマゾンの現在のビジネスは高級品とは合わないし、我々のブランドとも合わない。いまのところ出店はありえない」と明言しました。ヴィトンのほか「クリスチャン・ディオール」「マーク・ジェイコブズ」など多数のブランドを抱えるLVHMが、リアル重視の姿勢をあらためて強調したのです。日本ではちょうど、松坂屋銀座店跡地に地下6階・地上13階の「GINZA SIX」という商業施設が建てられると発表されました。実はここに「クリスチャン・ディオール」が地下1階〜地上4階の5フロアにまたがる巨大店舗をオープンします。まさに「リアル重視」の象徴。ワンクリックで何でも買えるのも便利ですが、街に出て商品を手に取って見るのも買物の醍醐味ですね。

消費財・ファッション・ラグジュアリ関連の外資系・日系グローバル企業の求人を探す ≫

業界コラムバックナンバー

アージスのコンサルティング

大阪動画インタビュー 東京動画インタビュー

無料サポートにお申し込み

英文レジュメの書き方はこちら

1分間で登録!レジュメをお持ちの方レジュメをお持ちでない方