MENU
×

無料転職サポート登録

サービス紹介

求人情報検索

お得意先企業一覧

転職成功事例

コンサルタント紹介

求人企業様へ

よくある質問

会社情報

AEGIS JAPAN

自動車、機械、電気業界の転職、求人は人材紹介エージェント

1min 無料転職サポート登録

AEGIS JAPAN

自動車/機会/電気の注目の求人情報 更新:2017/06/22

求人情報を見る

業界コラム

密かに好調、今後も有望、「化学業界」

自動車/機械/電気 | 2017年6月22日

先日、経済紙などで「実質無借金の企業が2000社突破」「上場142社が新たに無借金に転換」と報じられました。ネットキャッシュ(手元資金—有利子負債)の改善度の上位には好調の建設会社が並びますが、実はクラレやダイセルなどの化学会社もベスト15に名を連ねています。化学業界の売上28兆5217億円(主要194社)は全123業界中12位。2008年以降、リーマンショックや原油価格高騰の影響で下降・横ばいに甘んじてきましたが、2013年以降は原油下落、世界的な景気回復の中で上昇に転じました。しかし現在の好調は外部要因だけによるものではありません。2009年には三井化学が東セロを買収、東レなど6社がバイオエタノールの研究組合を設立。2010年には三菱ケミカルHDが三菱レイヨンを子会社化。2014年には三菱化学が鹿島のプラント1基を、2015年には住友化学が千葉のプラントを停止。2016年には旭化成と三菱ケミカルが共同で岡山・水島工場を再編…。合併吸収、不採算部門の整理、共同事業などの努力で収益を回復し、売上を伸ばしてきたのです。そしていまも各社が、原油価格に左右される石油化学への依存度を下げる努力などを行っています。業界全体で経営体質の改善が進む化学会社は、転職先としても注目ですね。

自動車・機械・電気関連の外資系・日系グローバル企業の求人を探す ≫

業界コラムバックナンバー

アージスのコンサルティング

大阪動画インタビュー 東京動画インタビュー

無料サポートにお申し込み

英文レジュメの書き方はこちら

1分間で登録!レジュメをお持ちの方レジュメをお持ちでない方